実務 設計

【建築】CAD初心者が最初にやるべき作業【一級建築士が解説】

建築でCADを使うから勉強したいけど、何から始めればいいんだろう?

こんな疑問にお答えします。

この記事を読むメリット

  1. 建築のCAD初心者が最初にやるべき作業がわかる
  2. CADを学ぶのにおすすめの本がわかる
  3. CADを学ぶのにおすすめのセミナーがわかる

私のことを簡単に自己紹介すると、ゼネコンで10年ほど働いていて、一級建築士も持っています。

この記事はだいたい2分くらいで読めるので、サクッと見ていきましょう。

建築のCAD初心者が最初にやるべき作業

建築のCAD初心者が最初にやるべきことは3つです。

ポイント

  1. 建築のCADを買ってパソコンにインストール
  2. 既存の図面をCADで再現する
  3. わからない作業をセミナーや本で勉強する

とりあえずこの3つをすればなんとなくCADを使える気分になります。

建築のCADを買ってパソコンにインストール

まずは、CADを買ってパソコンにインストールしましょう。

理由は、当たり前かもしれませんがCADが無いとCADの練習すらできないからです。

CADはなんでもいいのかというと、働きたいところで使っているCADがいいでしょう。

良く分からなければとりあえずAutoCADかRevitを使えるようになってください。

AutoCADにはAutoCADとLTがありますが、LTの方が安くて機能が限定的です。詳しくはこちらの記事で解説しています。

AutoCADとAutoCADLTの選び方【違いは何?比較した】

RevitはBIMのソフトです。ArchiCADというのもBIMのソフトですが、Revitを使っている人が多い印象ですので、BIMを使えるようになりたいならとりあえずRevitを使えるといいでしょう。

こちらの記事でRevitとArchiCADを比較しているので、興味があれば読んでみてください。

【検証】BIMの人気ソフトRevitとArchiCADを比較

既存の図面をCADで再現する

次は、既存の図面をCADで再現してみましょう。

なぜなら、習うより慣れよという言葉がある通り、とりあえず操作してみた方が早いからです。

具体的には、既存の図面を写すことで、柱を書くときに矩形の使い方、壁を書くときの線の引き方、各所の寸法線の書き方などなど、図面の基本的なルールが学べます。

ですので、既存の図面をCADで再現しましょう。

そういうと、最初は本で操作方法を勉強した方が良いという人もいます。

本から勉強しなくていいの?

確かに本で勉強するのも良いでしょう。

ですが、あなたはCADの知識を得たいのではなくCADを操作できるようになりたいはずです。

CADを操作できるようになるには、操作の練習をするしかありません。

本でCADのことを勉強しても急にCADが操作できるようにはならないでしょう。

そのため、操作を習得するためにも既存の図面をCADで再現してください。

わからない作業をセミナーや本で勉強

とりあえず操作を始めると、わからない作業が出てきます。

わからない作業が出てきたときにはじめて、本やセミナーで勉強しましょう。

というのも、わからない作業が出てきてからの方が身になるからです。

わからない作業が出てから勉強した方が身になる

たとえば、ゲームをする時の攻略本を読むことを考えてみましょう。

攻略本をゲームを読む前に読んでも正直ほとんど覚えていないと思います。

ですが、ゲームで行き詰まった時に攻略本を読むと、明確に何をすれば良いかわかりますよね。

それと同じで、CADもわからない作業が出たときに自分で調べたりセミナーを受けたりすることで、何をどうすれば良いかがはっきりと理解できるのです。

ですので、わからない作業が出てきたらセミナーや本で勉強しましょう。


というわけで、ここまではCAD初心者が最初にやるべきことということで3つご紹介してきました。

もう一度復習しておくと、

ポイント

  1. 建築のCADを買ってパソコンにインストール
  2. 既存の図面をCADで再現する
  3. わからない作業をセミナーや本で勉強する

この3つを順番にやりましょう。

これを順番にやるとCADを学ぶセミナーや本が必要になります。

では、どんな本やセミナーを選べばいいのでしょうか。

CADを学ぶのにおすすめの本

ここではCADの使い方を学ぶのにおススメの本をいくつかご紹介します。

実践AutoCAD/AutoCAD LT 製図入門

AutoCAD全体の操作方法を網羅的に解説

この本は建築専門の本ではないので、AutoCAD全体の操作方法をわかりやすく解説してくれています。

JIS対応しているので、線の種類なども丁寧に説明されているので、図面のルールも学ぶことが可能です。

AutoCAD LTで学ぶ建築製図の基本

CADの使い方を建築製図を例に解説

建築製図を例にとっているので、CADの操作方法を平面図の書き方、断面図の書き方、立面図の書き方を例に学べます。

つまり、図面の書き方とCADの操作方法を同時に学べる便利な1冊です。

この本があれば一通りの建築製図に必要なCAD操作が全部学べるのでおすすめします。


ここまではCADを学ぶのにおススメの本をご紹介しました。

ここからはCAD向けのセミナーをご紹介します。

CADを学ぶのにおすすめのセミナー

CADを学ぶのにおススメのセミナーを紹介します。

正直言うと、有料のセミナーに行くならCADオペ用のスクールに少し通う方がコスパが良いと思っています。

なので、一応紹介しておきますが、セミナーは無料の方がいいと思います。

Autodesk公式AutoCADセミナー

無料登録でセミナーが見れる

公式なので安心ですね。無料なのもとても良いです。

Autodesk 公式 AutoCADセミナー

AutoCAD基礎セミナー - BIZ ROAD(ビズロード)

セミナー会社がきっちり教えてくれる

有料ですが、ちゃんと時間を取って教えてくれるセミナーもあります。

個人的には有料のセミナーにいくならCADオペスクールに通った方が良いと思っています。

AutoCAD基礎セミナー - BIZ ROAD(ビズロード)

CADを本格的に学びたいならCADオペスクールに通う

CADを本格的に学ぼうと思うならCAD通いましょう。

CADオペレータ向けに操作方法から便利なショートカット技まで教えてくれるので、結果的に時短になります。

月3000円から勉強できますし、オンラインでも学べます。

オンライン説明会や電話相談会は無料でしてもらえるので、とりあえず無料分は聞いてみるのをおすすめします。

AutoCADの単科講座や建築製図の基本講座など、自分に合いそうなものを相談して選んでください。

ヒューマンアカデミーのCAD講座

まとめ

この記事では、「建築でCADを使うから勉強したいけど、何から始めればいいんだろう?」

こんな疑問にお答えしました。

まとめると、とりあえずCADを買ってパソコンにインストールし、操作してみましょう。操作してわからなかったら勉強をすると、コスパ良く学べます。

この記事を参考に、CADを操作できるようになりましょう。

-実務, 設計
-, ,

© 2021 一級建築士への道