なり方、取り方 一級建築士 一級製図

一級建築士の製図のWeb講座を比較【日建?TAC?総合資格?】

2020/05/03

一級建築士の製図って学校に通うと値段高いし安くすませたいな。web講座でも大丈夫なのかな?

こんな疑問にお答えします。

この記事を読むメリット

  • WEB講座でどこが安いかわかる
  • おすすめのWEB講座がどれかわかる

私のことを簡単に自己紹介すると、ゼネコンで10年ほど働いていて、一級建築士も持っています。

この記事はだいたい2分くらいで読めるので、サクッと見ていきましょう。

一級建築士の製図のWEB講座を比較

一級建築士の製図のWEB講座と一口にいっても、様々なものがあるので、ここで価格や図面添削の有無、課題数などを比較します。

価格と添削の有無、課題数を比較

資格学校価格(税込み)添削課題数
総合資格×××
日建学院143,000円6問
TAC174,000円6問程
Udemy40,000円程度(講座による)××
studying52,800円×不明

超有名建築士資格学校である総合資格は残念ながら製図のWEB講座はやっていませんでした。

ですが、その他4つのWEB講座を比較することでそれぞれの特性が、何となくみえてきました。

こんな人におすすめ!WEB講座

という訳で、日建学院、TAC、Udemy、STUDYINGの4つのWEB講座を比較した結果、それぞれがどんな人におすすめかご紹介します。

とにかく安く学びたい人はUdemy(ユーデミー)

安く学びたい人はUdemyが向いています。

Udemyは世界最大級のオンライン学習プラットフォームで、世界中の学びたい人と教えたい人をオンラインでつなぐサービスです。

基本的に動画で勉強するので、隙間時間を有効に使えますし、時と場所を選ばないのがメリットです。

一方で、一級建築士の製図はエスキスの仕方といった普遍的な内容にとどまっており、今年の試験問題に特化した解き方がわかる、ということはありません。

特化した解き方などは本で勉強し、基礎、基本は動画でしっかりと学びたいという人に向いています。

苦手な分野だけなら5000円程度で講座が買えるので、他のWEB講座に比べて1/10以下で激安です。

どんな感じなのかリンクに飛んで、一級建築士と検索して概要を見るだけでも良いと思います。

コスパで選びたい人はスタディング(studying)

STUDYINGはコスパがNo.1のWEB講座です。

まずSTUDYINGは司法書士や宅建などの資格も同様に扱っており、資格試験勉強に精通しています。

そのため、勉強に必要なスケジュール機能やノート機能など、付属機能が充実しています。

添削はありませんが課題問題も数問含まれており、日建学院やTACと比べて1/3ほどの金額はやはり安いです。

完全独学は不安だという方にはSTUDYINGが向いているでしょう。

一級建築士

安心の大手が良い人は日建学院

日建学院は通学でも建築士の講座を長年もっている大手資格学校です。

通学用の学校があるので、WEB講座を選んだけど途中で通学に変更したい、というような場合も対応してくれます。

日建学院の公式サイトはこちら

添削に重きを置く人はTAC

TACは添削がとても良いです。

大手は図面のように正解が1つでないものに対しては、こちらが良いと断言してくれません。

しかしTACの添削では断言してくれるので、判断に迷うときの助けになるでしょう。

TACの公式サイトはこちら

まとめ

この記事では、「一級建築士の製図って学校に通うと値段高いし安くすませたいな。web講座でも大丈夫なのかな?」

こんな疑問にお答えしました。

選び方をまとめると、コスパならSTUDYING、安さならUdemy、添削ならTAC、安心感なら日建学院を選びましょう。

この記事を参考に、素敵な製図ライフをお過ごしください。

-なり方、取り方, 一級建築士, 一級製図
-, , , , , ,

© 2020 一級建築士への道