月別アーカイブ:2019年06月

一級学科 一級建築士

一級建築士の直前の法規の勉強方法【1か月あれば間に合う】

『一級建築士の法規が直前なのに全然点数取れない』『法規の解く時間足りなすぎる』と悩んでいて、一級建築士の法規の得点が取れていない方に向けて、1か月で法規の得点を合格ラインまで上げる勉強方法、おすすめの過去問・問題集をご紹介します。

建築士の製図での手書きの上達方法【図面の打合せは結局手書き】

一級建築士 一級製図

建築士の製図での手書きの上達方法【図面の打合せは結局手書き】

2020/6/28    , ,

『建築士で製図手書きで書けって言われるけどどうやればうまくなるの?』『手書きじゃなくてCADでいいじゃん?』と悩んでいて、一級建築士やに二級建築士を目指している方に向けて、建築士試験の製図が手書きの理由と上達方法をご紹介します。記事を読むメリット・手書きで製図ができる方が良い理由がわかる・手書きの製図の上達方法がわかる

品質 実務

建築における品質管理の方法【業務の流れにそって解説】

2020/6/5    , ,

『建築で品質を管理しろって言われるけどどんな方法があるの?』『そもそも品質管理って何?』と悩んでいませんか?この記事では建築の現場で設計や監理、監督をしている方に向けて、品質管理とは何か、具体的な業務ごとに何を管理するのかをご紹介します。この記事を読むメリット・建築の品質管理とは何かがわかる・建築の品質管理方法がわかる

一級建築士 一級製図

建築製図の書き方【手書きで書くコツや順番を公開】

『建築士の試験で製図があるけど手書きの書き方はあるのかな?』『早く書くコツや順番はあるのかな?』と悩んでいて、一級建築士や二級建築士を目指している方や、建築製図の課題がある方に向けて、製図の書き方、コツや順番をご紹介します。この記事を読むメリット・建築製図の手書きの書き方がわかる・建築製図のコツや書く順番がわかる

実務 設計

設計と製図の違い【設計は課題を解決し、製図は図面にする】

『設計と製図って何が違うのだろう?』と悩んでいませんか?
この記事では、一級建築士や二級建築士などの設計者を目指している方や、どうせ転職するなら設計が良いと思っている方に向けて、設計と製図の違い、設計ができるようになる方法をご紹介します。この記事を読むメリット・設計と製図の違いがわかる・設計に必要なことがわかる

一級建築士 一級製図

一級建築士の製図におすすめの道具【時間短縮は道具選びから】

2020/6/5    , , ,

『建築士試験で製図の時間短縮にはどんな道具が良いのだろう?』と悩んでいませんか?この記事では、一級建築士や二級建築士の製図試験対策をしている方や、どうせ製図道具を買うなら試験をみすえてと思っている方に向けて、おすすめの製図道具をご紹介します。この記事を読むメリット・製図に必要な道具がわかる・時間短縮に必要な道具がわかる

実務 工事

現場監督の仕事内容と量【激務って聞くけど結局何してる?】

『現場監督の仕事内容ってどんなものなんだろう?』『どれくらいの量の仕事が普通なんだろう?』と悩んでいませんか?
この記事では、現場監督を目指している、興味がある方、新米の現場監督に向けて、現場監督の仕事内容や量をご紹介します。この記事を読むメリット・現場監督がどんなことをしてるかわかる・どんな量の仕事をしているかわかる

一級学科 一級建築士

一級建築士の法規の解き方【残り一ヶ月で10点アップ】

一級建築士の法規の点数が伸びないのはなんでだろう?勉強してるのに、このままだと学科試験に合格できないのでは?と悩んでいませんか?この記事では、模試などで法規の点数が20点以下の人に向けて、一級建築士の学科試験での法規の解き方をご紹介します。記事を読むメリット・法規の解き方がわかる・法規の点数をアップさせる方法がわかる

一級学科 一級建築士

設計時の建築士の仕事【建物ができるまでの手順と仕事内容】

『建築士の仕事ってどんな内容なんだろう?』『設計って具体的にどんなことをするんだろう?』と悩んでいませんか?
この記事では、建物ができるまでの手順と具体的な設計業務の内容をご紹介します。

この記事を読むメリット

・建築士の仕事がわかる
・設計がどんなものかわかる

なり方、取り方 一級建築士

一級建築士の受験資格【学歴網羅】院卒、大卒、高卒、専門卒

2020/6/5    ,

一級建築士の受験資格ってなんだか複雑で、どうなれば受験資格を得られるのか、パッと見でわからないですよね。
様々なルートがあるがゆえに、結局どれが自分に該当するのかを見つけるのが大変です。
この記事では、一級建築士の学科試験を受験するには、どんなルートがあるかを高卒、大卒などの学歴別に書いてみたいと思います。

© 2020 一級建築士への道