二級建築士

二級建築士の製図試験におすすめの製図道具【一級建築士が解説】

二級建築士の製図試験って製図の道具はどんなのが必要?おすすめが知りたい

こんな疑問にお答えします。

この記事を読むメリット

  • 必要な製図道具がわかる
  • おすすめの製図道具がわかる
  • 持っていたら失格の製図道具がわかる

私のことを簡単に自己紹介すると、ゼネコンで10年ほど働いていて、一級建築士も持っています。

この記事はだいたい2分くらいで読めるので、サクッと見ていきましょう。

二級建築士で絶対に必要な製図道具

さっそく結論ですが、二級建築士の製図試験で絶対に必要な製図道具は3つあります。

  • A2製図板、平行定規
  • 製図用シャープペン
  • 三角定規

この3つがあれば、あとは正直なんとかなります。

それでは、順番に見ていきましょう。

A2製図板、平行定規

A2の製図板や平行定規は100%必要です。

持ってなかったら戦えません。

ではどんな製図板が良いかというと、私がおすすめするのはこちらです

ステッドラーのA2平行定規

なぜステッドラーをおすすめするかというと、安定性が抜群だからです。

他の製図板が安定していないという訳ではないですが、昔から信頼と実績があり、頑丈で長持ちします。

私もステッドラーのマルスライナーを使って受験しましたが、細かい調整もしやすく使いやすかったのでおすすめです。

ちなみに、平行定規はものにより色々メリットがあるので、比較したこちらの記事もぜひお読みください。

製図用シャープペン

次に外せないのが、製図用のシャープペンです。

製図用のシャープペンは普通のシャープペンと違って、ぐらぐらしたりしません。

ですので、直線を引きやすく、精度の高い線を引くことができます。

おすすめはステッドラーの0.5㎜のシャープペンです。

人によっては0.3㎜や0.7㎜で使い分けたりします。

違いが良く分からない人は、これを買っておけばOKです。

三角定規

おすすめの三角定規は、バンコのテンプレート付き三角定規です。

これがあればテンプレートが無くてもイケますし、三角定規としても取っ手が付いていて使いやすい。

最高の三角定規です。

唯一問題があるとすれば、いつ禁止になるかわからないという点でしょう。

あった方が良い製図道具

あった方が良い製図道具は、文字通りあれば便利ですが、無くても何とかなります。

ですが、もちろんあった方が効率など良いです。

  • 勾配定規
  • テンプレート
  • 蛍光ペン
  • 消しゴム
  • 電卓
  • ペン立て
  • テンプレートスタンド
  • フローティングディスク
  • ドラフトテープ
  • アジャスターケース

これだけあるので、順番に説明していきましょう。

勾配定規

勾配定規は屋根でほぼ必ず使います。

二級建築士の製図試験では、屋根がだいたい勾配屋根で出題されるので、あると便利です。

正直、ある程度有名なメーカーの勾配定規はそこまで差がありません。

ですので、安定感のあるステッドラーにしておくのが無難です。

テンプレート

テンプレートは四角形だけのテンプレート、円だけのテンプレートなど様々ありますが、何種類もの図形が1つにまとまっているテンプレートが最強です。

出入口を表す三角形や、家具や柱で使う四角形、植栽で最強の円が入ってればOKでしょう。

メーカーによっての違いはほぼ無いので、あまり気にしなくてOKです。

フリクション蛍光マーカー

蛍光ペンは、問題文に色を塗って、確認や見直しの時間を短縮するのに使います。

私はフリクションの蛍光マーカーをずっと使ってました。

製図練習開始した初期のころは特に、ゾーニング図を作ったりするのに色分けして確認したりもするので、蛍光ペンはあると良いでしょう。

消しゴム

消しゴムはあって当然かもしれませんが、本番に近づくにつれて、ほぼ使わなくなります。

理由は、図面でミスしたら消すというという作業がほぼなくなるからです。

そもそも慣れてくるとミスが減るというのもありますが、多少のミスも関係無しに書けるようになります。

唯一ミスってしっかり消さなきゃいけないのは、文章を書くときなので、無くてもなんとかなりますが、あった方が良いでしょう。

角がたくさんある必要はありません。

電卓

電卓は面積計算をするときにあると便利です。

足し算や引き算くらいなので、暗算でやろうと思えばできるのですが、暗算でやるのが不安になるのであった方が良いでしょう。

関数電卓ではなく、スタンダードな安くて押しやすい電卓がおすすめです。

ペン立て

100均のでもOKですが、ペン立てはあった方がいいですね。

理由は、大体の試験会場は机がハンパなく狭いからです。

製図板を置いたらもうぎゅうぎゅうの机で図面を書くので、筆記用具もコンパクトに置いておかないと、すぐ落としたりしてしまいます。

あると重宝しますね。

テンプレートスタンド

テンプレートスタンドは、文字通りテンプレートを立てて置くのに使うのですが、おすすめの使い方は問題文やエスキスを挟むことです。

そうすると省スペースで、部分的に確認ができるので、狭い場所でもエスキスを広げたりしなくて済みます。

もちろん、テンプレートや三角定規を立てて置くのにも使いました。

フローティングディスク

フローティングディスクは、図面をキレイな状態で仕上げるのに最高の商品です。

三角定規の裏に貼って、少し三角定規を浮かせると、図面と三角定規がこすれないため、図面が汚れにくくなります。

これだけで図面の印象がガラッと変わるので、使えるなら使いましょう。

まれに用紙に引っかかって書きにくいという人もいますが、セロテープを貼ると解消できます。

ドラフトテープ、マスキングテープ

私は使いませんでしたが、マスキングテープを使う人は結構いました。

使い道は、問題用紙を製図板に固定するという方法です。

私はマグネットで固定していましたが、マグネットだと用紙が若干ずれるので、気になる方はマスキングテープを使いましょう。

アジャスターケース

試験では使いませんが、図面を持ち歩くアジャスターケースがあると便利です。

特に製図学校に通ったりする場合は、めちゃめちゃ重宝します。

用紙を家に持ち帰るのも、回答を提出するのにも、用紙を折らずに済むのでかなり使いました。

無くても良い製図道具

ここからは、無くてもOKな製図道具をご紹介します。

個人的な意見なので、図面を書いてみて、やっぱり必要だと思ったら買いましょう。

字消し板

字消し板は、最初のうちはめちゃめちゃ必要だと感じるんですよね。

結構ミスったところとかを、後で消すのに使ったりしました。

ですが、本番ではそんなこと一切しません。

一切は言い過ぎかもしれませんが、まず使いません。

なぜなら、そんなことしてる余裕がないほど図面を書く時間がないからです。

特に受験1年目は絶対に不要です。

2年目以降だと、図面を書くスピードがそこそこ速くなるので、細かいところを修正する余裕がでてきますが、正直全然使わないので、不要でしょう。

三角スケール

三角スケールも初期のころは使うんですが、結局使わなくなります。

なぜかというと、問題用紙が方眼なので、三角スケールで測らなくても、大体の寸法がマスを数えればわかるからです。

それに、1/200で図面を書くので、三角定規の目盛で多少計算してあげれば全然不要です。

持ち替える手間も無駄ですし、試験では使わなくなります。

買わなくてOKです。

でも実務では使うので、持ってないなら買っておいた方が良いでしょう。

雲形定規

建築士の製図試験で使い道はありません。

私は一応買いましたが、一度も使うことはありませんでした。

実務でも一度も使ったことないですが、使う人いるんでしょうか?

漫画家の人は使ってるみたいですが、建築士の製図試験では不要です。

消しカスを払う羽箒、ブラシ

ブラシは最初はかっこつけて使ったりしてましたが、最終的に使わなくなります。

なぜなら、そもそも消すことが圧倒的に減るからです。

最初のうちは結構ミスって消しゴムを使うので、あってもいいですが、すぐに無くてもOKになるので、買わなくてOKです。

かっこつけたいなら買いましょう。

コンパス

コンパスも必要だと最初は思うんですが、結果的に不要です。

なぜなら、多少の円を書くときはテンプレートの方が圧倒的に早いからです。

テンプレートの円で、95%以上の円をまかなえます。

残り5%のコンパスでしか書けないような円は、フリーハンドでも全然問題ありません。

私はフリーハンドで書いて、問題無く合格しました。

合格するのにキレイな円は不要なので、コンパスも不要でしょう。

使ったら即失格の製図道具

使ったら没収されたり、失格になったりする製図道具を紹介します。

以外と忘れて買っちゃったりするので、必ず確認してください。

家具のテンプレート

これは盲点なんですが、家具や電気のテンプレートはNGなんですね。

四角や丸などの単純な図形のテンプレート以外は使用禁止です。

家具のテンプレート見つけたときは、「これで書くの速くなる」ってテンションぶちあがりましたが、結局使えなくて、買った意味ありませんでした。

実務ではあると便利ですね。

ドラフター

製図板と間違ってドラフターを買っちゃう人がたまにいるんですが、絶対にNGです。

ドラフターは縦と横に平行定規が付いている製図板のことです。

実務では、昔はドラフターを使う人も多かったのですが、現在はCADがあるのでドラフターは全然見ません。

試験にも使えず、実務にも使えないので、ドラフターは絶対に買うのはやめましょう。

他にもNGなものはありますが、気になる方はこちらからチェックしておきましょう。

まとめ

この記事では、「二級建築士の製図試験って製図の道具はどんなのが必要?おすすめが知りたい」

こんな疑問にお答えしました。

まとめると、製図板、製図用シャープペン、三角定規は必須ですが、後は無くてもなんとかなります。

この記事を参考に、快適な二級建築士の製図ライフをお過ごしください。

-二級建築士
-, , ,

© 2020 一級建築士への道