一級学科 一級建築士 二級学科 二級建築士

【一級建築士】法令集の書き込みはどこまでOK?【書きすぎNG】

一級建築士試験の法規で、法令集への書き込みっていいのかな?かんたんな書き込みはOKって聞くけど、実際どこまで書き込んでいいんだろう?

こんな疑問にお答えします。

この記事を読むメリット

  1. 法令集の書き込みOK事例がわかる
  2. 法令集の書き込みNG事例がわかる

私のことを簡単に自己紹介すると、ゼネコンで10年ほど働いていて、一級建築士も持っています。

この記事はだいたい2分くらいで読めるので、サクッと見ていきましょう。

一級建築士試験で法令集の書き込みは簡単であればOK

一級建築士試験で法規に持ち込み可能な法令集の書き込みは、かんたんな書き込みであればOKです。

では、具体的にOKなのはどこまでで、NGとなるのはどこからなのでしょうか?

法令集への書き込みOKの事例から順番に見ていきましょう。

法令集の書き込みOK事例

法令集への書き込みOKな内容は、

ポイント

  1. 関連条文の指示、見出し
  2. アンダーライン
  3. ○、△、×の記号

この3種類です。

では、具体的な書き込みの事例を、持ち込み可能な法令集から見てみましょう。

これは書き込みOK

引用:建築技術教育普及センター

上の図のように、関連条文が何条で何ページに書いてあるかを書き込むのはOKです。

インデックスも見出しを書いて貼るのは認められています。

アンダーラインももちろんOKですし、〇△×といった記号も書き込みOKです。


ここまでが書き込みOKな事例です。

では、書き込みNGの事例を見てみましょう。

法令集の書き込みNG事例

一級建築士試験の法規で、持ち込みNGな書き込みは、

ポイント

  1. 図解
  2. 表の書き込み
  3. 計算式の書き込み
  4. 解説の書き込み

それぞれ順番に見ていきましょう。

NG事例1:図解

引用:建築技術教育普及センター

上の図のように、法令の内容を図でわかりやすく解説するような書き込みはNGです。

これだけ分かりやすく図解してあったら、簡単に問題解けちゃいますね。

このような図は頭の中に叩き込んでおきましょう。

NG事例2:表の書き込み

引用:建築技術教育普及センター

別表などを書き込むこともNGです。

法令の内容を分かりやすく表でまとめると、とても分かりやすく見やすくなります。

そうなると、書き込みのレベルで合否が決まってしまうので、理解度を問いたい建築士試験ではNGとしているのでしょう。

NG事例3:計算式の書き込み

引用:建築技術教育普及センター

わかりやすいように計算式を書き込むのもNGです。

別なページを見れば書いてあったりしますが、書いていいのは見出しやページまでです。

注釈として計算式を書いてしまったら、法令集を没収されてしまうので注意しましょう。

NG事例4:解説の書き込み

引用:建築技術教育普及センター

要点をまとめたりして解説を書き込むのもNGです。

文字だとわかりにくいので、わかりやすくしたい気持ちはわかりますが、それは自分のノートだけにしてください。

引用:建築技術教育普及センター

「政令で定めるもの」のように、ぼかして書いてあるものの内容を書き込むのもNGです。

いさぎよく別のページを見て確認しましょう。

法令集にNG書き込みをしてたらどうなるの?

一級建築士の試験で法令集へのNG書き込みがあった場合、試験官の対応は2つにわかれます。

ポイント

  1. 書き込みを消させる
  2. 法令集を没収

書き込みを消させる

簡単な書き込みで、すぐに消せそうな場合は、その場で書き込みを消すのを許可してもらえます。

消すだけでOKな場合は、やさしい試験官なのでラッキーです。

すぐに書き込みを消しましょう。

法令集を没収

書き込みが多かったり、消せなかったりする場合は、法令集が没収されます。

そうなると法規試験で法令集は使えません。

法令集を没収されるのだけは、なんとしても避けましょう。

没収されそうになったら、書き込みしてあるページを破り捨てたほうがましです。

ギリギリのラインで攻めるのは避け、安全な書き込みだけで勝負してください。

まとめ

この記事では、「一級建築士試験の法規で、法令集への書き込みっていいのかな?かんたんな書き込みはOKって聞くけど、実際どこまで書き込んでいいんだろう?」

こんな疑問にお答えしました。

まとめると、関連条文やページ数などは書き込みOKですが、図解、計算式、表、解説の書き込みはNGです。

この記事を参考に、一級建築士の学科試験で法規をしっかり得点しましょう。

-一級学科, 一級建築士, 二級学科, 二級建築士
-, ,

© 2020 一級建築士への道